ネットde相続税は、自分で相続税の申告書をネット上で作ることができるサイトです。

ネットで相続税

まずは申告義務の確認

基礎控除額を確認

1 基礎控除とは?

相続税の計算で、相続財産の価額から引くことが出来る基礎控除についてを確認しましょう。
平成27年1月1日以後の相続の場合には以下の通り計算します。
基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)
ネットde相続税では、相続人を入力すれば自動で計算されます。


2 基礎控除額を計算するときの法定相続人の数は?

原則としては、法定相続人の数を合計して計算しますが、以下には注意が必要です。
① 相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとして計算します。
② 法定相続人のなかに養子がいる場合の法定相続人の数は、次のとおりとなります。
 ・ 被相続人に実子がいる場合は、養子のうち1人までを法定相続人に含めます。
 ・ 被相続人に実子がいない場合は、養子のうち2人までを法定相続人に含めます。
ネットde相続税では、養子は1人までなら対応しています。なお、養子が、孫の場合には相続税が2割加算されるという別の規定があります。

(事例1)
配偶者がいて、子供(実子)3人の場合
基礎控除額: 4,800万円(3,000万円+600万円☓3人)

(事例2)
配偶者がいて、子供(実子2人・養子1人)3人の場合
基礎控除額: 4,800万円(3,000万円+600万円☓3人)

(事例3)
配偶者がいて、子供3人(実子1人・養子2人)の場合
基礎控除額: 4,200万円(3,000万円+600万円☓2人)


TOPへ